第30話 栄光の兀橋

2018年8月 5日 12:00 カテゴリ:兀橋のアミノ酸分析奮闘記

そういえば、みなさん。

忘れているかもしれませんが、私の目標はどうなったのでしょうか。

その受賞者が誰なのか、公式的には、3月の謝恩会で表彰されるまで、confidentialなのです!!!

だから、まだわからない。

はずですが、しゃべっちゃう先生がたくさんいるので、発表の1週間後までには、だれが賞を獲ったのか拡散されちゃいます(笑)

特に自分の学生が賞を獲ったら、学生よりも先生がウキウキしがちです。

卒論発表を終えて、燃え尽きた私は、自分じゃないだれかが選ばれるだろうと覚悟していましたが、その現実を受け止めきれるのか不安だったので、先生方に会いたくない気持ちでした。

居室でカタカタしていると、

突然うしろから、

「おめでとう!!!!」

と、お隣のH先生から肩をバンと叩かれました(割と強めに)。

そして、H先生はそのまま退出します。

嵐のように去っていったH先生を見て、院生部屋にいた学生一同が、唖然としました。

「いまのはなんだ(笑)」

しばらく落ち着いてから、なんとなく理解しました。

「あぁ、1位じゃなかったけど、なんとか表彰台には乗れたのかな...」

けど、それを最初に伝えるのは指導教員でしょ(笑)

そこらへんを配慮しないH先生らしさもあり、心が少し晴れやかになりました。

それだけH先生も応援してくれていたのでしょうかね。

H先生の熱い思いが先走ってしまいました(笑)

その日の夕方、ジェンキンズ先生とふたりで作業していると、おもむろに、

「そういえば、結果が出たよ。おめでとう。1位じゃなかったけど、同率で2位だったよ。」

と、ニッコニコな顔で祝意を表しました。

「知ってます、H先生から聴きました(笑)」

「えええーーーー!!!なんでだよ、俺の仕事!!(笑)」

口惜しくも、喜びにあふれた表情の先生。

「ふつう、そこは指導教員でしょーーー!!!(笑)」

「そこはH先生の溢れる思いがあったのでしょう(笑)」

私自身は狙っていた1位じゃなかったので、悔しかったのですが、楽しそうにしている先生を見て、ちょっと安堵しました.

1位を獲れなかったのは、まだ私に足りないものがあるから

修士で"それ"を身につけろ!!

まだ賞を獲るに値しない人間だから、試練を与えられているんだ!

と受け止めるようになりました。

幸い、1位を獲った天才も大学院に進学します。

2年後にリベンジしてやろう!と先生と誓い会った第2実験室の情景は、いまでもよく覚えています。

いつまでも過去のことに囚われちゃいけないと思いますが、この1年間は自信になりました(過信じゃないはず!!)。

1年間、『1位を獲る』と周囲に豪語し、自分にプレッシャーをかけて、目標に取り組んできました。

M木先生の「周囲に自分の目標を伝えることで、自分にプレッシャーをかけると、つらいこともあるけど、その分成長できるよ。」という言葉が支えになっていました。

結果的には、あと一歩届かず、お恥ずかしい限りですが、「目標に向かって努力すること」のおもしろさを感じることができました。

このブログを読んでいる学生さん達にも、そのおもしろさを味わってほしいです。

「論文を書く」とか「これを明らかにしたい!!」とか、なんなら研究じゃなくても、留学でも趣味でもなんでもいいので、

自分がやりたいことに取り組んでほしいと願います(最低限やらなければならないことはやりましょう)。

自分のやりたいことに誇りをもって取り組んでいる人って、太陽のように輝いて見えます!!!!

私もそんな人になりたい。

社会に潰されたくない。

がんばれ!!!!!!!!!

-----------休載のおしらせ----------------------------

ブログに足を運んでくださっているみなさん、こんにちは。

第30話をもって、第一部卒論編が終了しました。

これから修論編(学会、海外デビュー、就活などなど)をバンバン書いていきたいところですが、作者の体調不良のため、しばらくお休みをいただきます。

おそくとも、9月2日までには、再開できるように休養します。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。