研究日誌

第56話 博士後期課程に進学しなかった理由 壱幕

2019年3月17日 12:00 カテゴリ:兀天狗

今年も就活が解禁して,早2週間です. 就活生のみなさんには,自分の夢に向かってがんばってほしいですね. 私も2年前は同じことをしていましたからね,Time fliesです. さて,私は博士後期課程に進…つづきを読む

第55話 Goodbye Folkestone

2019年3月10日 12:00 カテゴリ:兀天狗

「Goodbye! Hagechan!!」 カイムさん,クリシュトフさんと力強く握手をします(いやほんとに強い). 英会話もろくにできない大学院生を,フィールドチームに受け入れてくれただけでも感謝の気…つづきを読む

第54話 White cliff ~ Cretaceous began from here ~

2019年3月 3日 12:00 カテゴリ:兀天狗

Folkestoneの露頭からは,白亜紀の由来となったのチョーク層が見えます. (同じ層準ですが,厳密にはフランスに露出している地層が本家です.) 古生物学・地質学を学んでいる人間ならば,地質時代の名…つづきを読む

第53話 Gault clay Formation

2019年2月24日 12:00 カテゴリ:兀天狗

翌朝,イングリッシュブレックファストを食べ終え,フィールドへ向かいます. 今回のフィールドは,イギリスの海岸に露出しているGault clay Formation(Middle ~ Late Albi…つづきを読む

第52話 The Long Road to Folkestone

2019年2月17日 12:00 カテゴリ:兀天狗

ロンドン中心部の観光を終えた私は,ヴィクトリア駅に到着し,改札前でどの列車に乗ればよいのか考えましたが, 「あれ,電光掲示板に"Folkestone"の文字がない」 わからん. わからないというか,確…つづきを読む

第51話 The dubious person in Trafalgar Square

2019年2月17日 12:00 カテゴリ:兀天狗

電車でロンドンの中心部にやってきた私は, 荷物を駅に預け,しばしの観光です. 定番中の定番スポットにしか行っていませんが,まずはバッキンガム宮殿です. タイミングが合えば,衛兵の交代式が見れたのですが…つづきを読む

第50話 Welcome to London

2019年2月10日 12:00 カテゴリ:兀天狗

ジェンキンズ先生がヨーロッパへ渡航する2日ほど前. 「23日にFolkstone(イギリス)のホテル集合で!!!」 唐突に,集合場所を告げられましたが,慣れたもんです. 飛行機はすでに,予約してあった…つづきを読む

第49話 Which do you choose Fieldwork or Job-hunting ?

2019年2月 3日 12:00 カテゴリ:兀天狗

3月. 就職活動が解禁し,リクルートスーツを着た学生でごった返す季節になりました. 私も,そのひとりとして,北陸,関東を行き来しておりました. その頃,先生が4月から5月にかけて,ヨーロッパへフィール…つづきを読む

第48話 化学合成ワークショップ 後編

2019年1月27日 12:00 カテゴリ:兀天狗

ワークショップの開催場所は,東大の三崎臨海実験所です. ジェンキンズ先生がコンビナーでもあったので,ジェンキンズ研一同は,朝から会場設営に追われます. 臨海実験所の幸塚さんの許可の下,次々と準備が進め…つづきを読む

研究者にもとめるもの

2019年1月27日 11:32 カテゴリ:研究日誌

ロバートです.こんにちは. 小田原近くの神奈川県立生命の星・地球博物館で開催中の日本古生物学会第168回例会に参加中です. 今回の例会でのシンポジウムは,博物館での開催だけあって古生物の「復元」がテー…つづきを読む