第40話 Rain bringer

2018年11月 4日 12:00 カテゴリ:兀橋のアミノ酸分析奮闘記

学会も最終日です.

最終日はポーランドのOwadów quarry(採石場)でのフィールドワークです.

4,5台くらいの車に分乗し,目的地へ向かいます.

車の中では,緊張して何も話せず,ひたすら景色を見ていました.

今自分たちがどこらへんを走っているのか,あとどのくらいで到着するのか,全くわからない状態での旅でした.

数時間後,広大な石切場に到着しました.

Owadów quarryは石灰岩が露頭しており,業者が石灰を掘削していたところ,保存状態の良い化石が多数産出し,世界有数の化石産地になったそうです(違ったらごめんなさい,修正を願いします).

ゾルンホーフェンをイメージしていただければ!!!

フィールドに入る前に,近くの博物館でOwadów quarryの説明を拝聴しました.

IMG_3622.JPG

机の真ん中には,Owadów quarryから産出した保存状態の良い化石が並べられていました.

魚竜などの海棲爬虫類の化石も産出しているそうです.

ただ,アミノ酸はどうでしょうね.

さて,フィールドに向かいます.

みんなで石灰岩を叩いて,化石を探します.

これだけ有名な化石産地にきたのだから,良い化石を発掘したい!!!

ん~

黙々と作業を続けますが,なかなか見つかりません.

トップレベルの研究者達は続々と前に進んでいきます.

「置いてかないで~」と言わんばかりに一生懸命ついて行きました.

ふと気づくと,雲行きがかなり怪しくなってきました.

おいおい,ポーランドに来てまで,雨降るんかいな.

しかも,今日までずっと晴れとったんに,フィールドワークにピンポイントでくるか!?

と,考える暇もなく,雨が降り始めました.

It's pouring with thunder.


DSCN9857.JPG

(北海道に続き)一体,雨男は誰なのか.

石灰岩は水に濡れると,かなりどろどろになります.

この石切場は,ほぼ石灰岩だらけ.みんなぐっちゃぐちゃのびちゃびちゃになり,化石採集できる状況じゃなくなりました.

カイムさんの号令で,博物館へ避難します.

結局,その後も雨(雷)がやむ気配もなく,ワルシャワへ帰ることになりました.

リュックも服も靴も全身びちゃびちゃ.

残念な気持ちでいっぱいでしたが,豪雨のフィールドワークも思い出のひとつです.

フィールドワークにトラブルはつきものなので,笑って受け止める気持ちが大事ですね.

車酔いと闘いながら,ワルシャワに帰りました.

そのころには雲も晴れ上がり,太陽サンサンでした(よくある).

泥だらけ,びちゃびちゃになった,服やカバンを洗い,長い一日が終わりました.

IMG_3641.JPG

ーーーーーーーーーーーー今日から使える英語表現ーーーーーーーーーーーー

be so into ~.  (~するのにハマっている)

A: I'm so into "Momokuro". (ももクロにハマっています)

※be into ~. (~に興味がある)

「興味がある」に「so」が加わることで,「ハマっている」という意味になる.