第36話 Dzień dobry Polska

2018年10月 7日 12:00 カテゴリ:兀橋のアミノ酸分析奮闘記

テレッテッテテテーレレー、テーレー、テーレーレーレー。

今日から待ちに待った、ポーランドの旅。

IMG_2933.JPG異国の電車はいいですよね~。

世界の車窓から見える景色は、私の気持ちをさらに高めてくれます。

ワルシャワは絵はがきのような美しい街並みです。

さて、私が先生からいただいた地図を頼りに、Institute of Paleobiology PASを目指します。

初めてヨーロッパに来ましたが、まあ、みなさんスタイルのよろしいこと。

男性も女性も背が高く、男性は腕が太く、女性はスラッとうつく長い脚なので、172cmで華奢な私は肩身が狭い思いです。

女性はぴっちりとしたパンツスタイルの人が多いんですね。

血統の違いをひしひしと感じました。

駅から10分ほど歩き、Institute of Paleobiology PASに到着しました。

受付の人に英語で話しかけましたが、受付の人はポーランド語しかわからないそうで、

私の拙い英語力ではどうしようもなく、途方に暮れました。

受付の人も困惑している中、一本の電話が入り、なにやらポーランド語で話しています。

おもむろに受話器を渡され、「Hello ?」と言ってみると、

「Hi! Hage-chan!!」とカイムさんの声が聞こえました。

電話で英語を聴くと、表情や仕草が見えないので、さらに何をしゃべっているかわかりません。

カイムさんも困ったでしょう(笑っていましたが)。

とりあえず、もうすぐ着くから待っててくれとのことで、ロビーで待機することになりました。

すると、スラッとした背の高いイケメンが入ってきました。

!!!!!!!!!!!!!!!

カイムさんジュニア!!!!!!(もちろん名前を呼んでますよ)

お父さんと同じように「Hi! Hage-chan!!」と声をかけてくれたので、

Dzień dobry(こんにちは)」とポーランド語で返しました。

そうこうしているうちに、カイムさんと先生も到着しました。

約1年ぶりの再会に、感動です。カイムさんの握手は相変わらず力強かったです。

私もカイムさんのように包容力のある男性になりたいものです。

ごはんを食べていなかったので、先生とカイムさんとカイムさんの娘さんと4人でご飯を食べに行きました。


IMG_2954.JPG丸いのは、ジャガイモを揚げた料理です。

炭水化物アンド炭水化物。

その後、カイムさんに、Institute of Paleobiology PAS周辺を案内してもらい、

コンビニやおすすめのkantol(換金所)を散策しました。

街並みが綺麗ですね。ワルシャワは良い街です。

さて、私はInstitute of Paleobiology PASに宿泊することになっていたので、お部屋を案内してもらいました。

IMG_2950.JPG

IMG_2951.JPG

Wow!! 素敵なお部屋です。

研究施設にこのような宿泊部屋があるというのは、非常に魅力的です。

しかも、無料なんです!!!

(無料なのは学生だけだったかな~、それとも多少お金がかかっていたのかな~、ん~覚えていない)

日本の研究施設や大学にも(研究のための)格安な宿がもっと増えると良いですね。

私が文部科学大臣になったら、提案しますね。

その後、研究所を案内してもらい、クリシュトフさんとご対面です。

でかい!!!!

カイムさんに続いて、クリシュトフさんもでかい(しかもスタイルが良い)。

4人で歩いていると、先生と私が小人に見えます(笑)。

何はともあれ、特に大きなトラブルもなく、たどり着くことができました。

いよいよ、初めての国際学会が始まります。

案の定、先生から「じゃあ、日本語禁止ね」と言われて、緊急時以外は日本語が使えなくなりました。

-----------------------------------------------------------------------------------

観光については、後日まとめて記事にします。

まずはサイエンス(学会)の部分を書いていきます。