第10話 はじめてのフィールド ~Part Ⅳ 連絡が取れない~

2018年4月15日 12:00 カテゴリ:兀橋のアミノ酸分析奮闘記

さあ、いよいよフィールド最終日です。

(何をしたかは覚えてませんが)午前中の作業を終え、フィールドに向かいます。

DSCN3161.JPG

最後ということで、みなさん気合が入っています。

私もせっせこらと、化石を探します。

異常巻きアンモナイトの破片やらが見つかりますが、これがまた殻体が保存されていないのです...

うーむ、なかなか上手くいかないもんです。

そんな私を見かねた先生から助言を頂き、めちゃくちゃ大きい母岩を割ります(これがまあ硬くて、握力43にはハードな作業です。)。

しかし、気が付くと、時計の針が南を指そうとしており、時間がありません!

ジェンキンズ研のルールでは、安全確認のために、18時(あるいは19時)頃までに、沢から上がったことを研究室LINEに連絡することとなっています。

(指定の時間までに連絡がなければ、研究室のだれかが警察に連絡します)

先生「じゃあ、そろそろ引き上げますか。」

兀「はい。そう...しますか...。」

まだやりたい気持ちを隠し切れない私の表情を見て、

先生「せっかく、北海道まで来たんだから、悔いのないようにやりな。アディショナルタイム30分だ。」

と、延長戦に向かうことを認めてくださいました。

延長戦を終えた私たちは車に乗り込み、佐藤さんにお別れを告げて、フィールドから離れます(プチお財布事件もありました笑)。

疲労に加えて「この道大丈夫かな」という道を通っており、車内は静まり返っています。

DSCN31601.jpg

そんな中、Kaimさんジュニアが一言。

「Are you going shortcut course ?」

車内が笑いの渦に包まれます。なんてユーモラスにあふれた高校生なんだ(笑)。見習わなければ!!

一気に和やかな雰囲気になり、ワイワイし始めます。

一方、金沢大学では、作業終了連絡を待っていた研究室のMさんがそわそわしています。

(ここの話は伝聞なので、正確に合っているかはわかりません)

M「なあKB、まだ連絡きてないけど大丈夫かな。警察に連絡した方がいいかな。」

KB「ええ!!まだ帰ってきてないの!?大丈夫かな。もう少し様子を見てみよう。」

私たちの身を案じた先輩方が、緊急体制に入ろうとしています。

そのころ私たちは、山道から一般道へと進んでいました。

先生「そういえば、研究室LINEに連絡しないとね。」

連絡しようと、スマホを開いたのですが、緊急事態です。

兀「先生!!!!!」

先生「どした!!!?」

兀「電波が通っていません!!!!!」

先生「(+o+)!!!!!!!」

さすがは北海道の山。一般道に出ても全然電波が通りません。

緊急体制に入る18時をまわってしまい、我々も焦り始めます。

一般道なのに、電波が通らない!!!!!

結局、定刻の20分か30分遅れて、連絡することができました。

あのときは、ご迷惑とご心配をおかけいたしました。電波が入りませんでした。

これからフィールドに行くみなさんは、「電波がどこまで届くのか」を把握したうえで作業をしましょう。

安全を確保するためにも、これは重要なことです。

てなわけで、はじめてのフィールド調査がおわりました。

翌日、小樽からフェリーに乗って、帰還します。

DSCN3099.JPG