第8話 はじめてのフィールド ~Part II 化石が採れない~

2018年4月 1日 22:35 カテゴリ:兀橋のアミノ酸分析奮闘記

翌日、早速フィールドに向かいます。

みなさんの目的は、化学合成の化石ですが、私の目的は化学合成に限らず、アミノ酸を保存していそうな「保存の良い化石」を見つけることです。

ただ、そこは、北海道の山の中。生物学的な恐怖は常に持ち合わせています。

DSCN3120.JPG

私は、ひとりで北海道の化石調査は絶対できません。

なぜなら怖いから(熊おるし)。

ひとりで調査できる人たちを、尊敬します。

さて、沢に入っていくと、次第に露頭が現れてきました。

私は、先生やKaimさん、佐藤さんの動きを見ながら、母岩を砕いていきます。

しかし、メタン湧水の化石というのは、炭酸塩のノジュールの中に含まれているので、いままでの授業で扱ったような、泥岩や砂岩のように、簡単に砕けません。硬すぎます。ハンマーでたたくと、ふつうに火花が出ます。

しかし、いくら割っても、化石が出てこないのです!!!

なぜだ!!!???

焦る私をよそに、みなさんは続々と化石を見つけていきます。

おそらく、当時の私は、メタン湧水の化石というものが、どんなものかわかっていなかったようです。

研究テーマ的にも、殻体が保存されている試料を欲していたので、印象化石や破片には目もくれず、ハンマーとタガネでひたすら叩いていたのかもしれません。

焦りと苛立ちから、どんどん母岩を割りましたが、全く出てきませんでした。

そんな中、Kaimさんジュニアが、自形のパイライト(黄鉄鉱)を見つけました!!

きれいな立方体の結晶に感動していた私に先生から一言。

「キミより、よっぽどフィールドのセンスあるよね(笑)」

ぐぉぁーーー!!!!(ToT)

嘲るような一言が、心を抉りました。

化石が採れなさすぎて、先生のイジリに返す言葉もでません。

結局、その日の収穫は0。

佐藤さんが、「"慣れ" もあるから、明日は採れるよ。」と励ましてくれましたが、果たして化石は採れるのだろうか?

私の心と北海道の空は、さらに雲行きが怪しくなってきました。

----------作者コメント----------

本ブログをお読みになっているみなさん、いつも、ありがとうございます。

私は明日より、とある企業で社会人としての生活を始めます。

本業をおろそかにするわけにはいきませんので、これまで不定期更新ではなく、毎週日曜のお昼12時に更新しようと思いますので、よろしくおねがいします。